■子ども読書に関する情報
概要
    北上っ子
読書活動推進プラン
    読書ボランティア
研修会等日程
    その他読書の情報
   
     
     
     
     
 
「北上っ子読書活動推進プラン」を策定しました
「北上っ子読書活動推進プラン」 ってなに?

子どもの読書離れが進んでいます。
そんな中、国は「子どもの読書活動の推進に関する法律」を平成13年に公布・施行しました。

この法律を踏まえ、本市でも平成18年度から22年度を計画期間とする「北上市子どもの読書活動推進計画」、その後、平成25年度から27年度を計画期間とする「第2次北上市子どもの読書活動推進計画」(以下「第2次計画」という)を策定し、子どもの読書活動を推進するための取り組みを行ってきました。

第2次計画期間では、市立図書館や学校図書館、ともしび号の貸出冊数が増加傾向となり、学校図書館の蔵書達成率も毎年順調に増加しました。その一方で、学年ごとの貸出冊数は増加傾向にあるものの、学年段階が上がるにつれて読書離れが進む傾向にあります。また、学校図書ボランティアの人材確保や子どもや大人の読書への関心の希薄化等の課題が見られました。

この第2次計画の成果と課題を踏まえ、このほど、本市では第3次北上市子どもの読書計画を策定しました。これは家庭や地域、学校、行政がこれまで以上に協力・連携しながら取り組むための基礎となるもので、家庭や地域、学校、行政が担うそれぞれの役割や乳幼児、児童、生徒、それぞれの発達段階に応じた取り組みが示されています。また、読書通帳やブックスタート事業、家庭読書週間の取り組み等、第2次計画期間内の新たな取り組みを計画に盛り込みました。

この計画を機に、北上っ子たちがより多くの本と出会えるよう、家庭や地域、学校、行政が協力し合いながら取り組んでいきます。



 

北上っ子読書活動推進プラン

全文はこちらから

 

このページのトップに戻る

 

Copyright(C)2006 KITAKAMISHI SYOUGAI GAKUSYU CENTER Allright reserved.