■まちづくり出前講座
概要
    講座の様子
    メニュー
    受講申込書
    実施要綱
    留意点
    講師登録について
     
   
     
     
     
     
 
北上市生涯学習まちづくり出前講座実施要綱

 

(目的)

1 この告示は、市民等の団体が企画して実施する学習会に講師を派遣する出前講座(以下「出前講座」という。)を行うことにより、市民等の学習意欲の高揚と地域活動の促進を図り、市民等と行政の協働によるまちづくりを推進することを目的とする。
(対象)
2 出前講座を受けることができるものは、原則として市内に在住、在勤又は在学する10人以上の者で構成された団体とする。ただし、北上市生涯学習推進本部長(以下「本部長」という。)が特に認める場合は、この限りでない。
(出前講座の種類及び内容等)
3 出前講座の種類は、次の各号に掲げるとおりとし、各講座における講師及び講座内容は、当該各号に定めるところによる。
(1) 市役所編 市の職員が講師となり、当該職員が担当する業務に関する専門分野について説明指導するほか、必要に応じて市の施設の見学を行うもの
(2) 公共機関編 国、県等の公共機関又は公共的団体の職員が講師となり、当該機関の業務に関する専門分野について説明指導するほか、必要に応じて施設の見学を行うもの
(3) 民間の企業及び団体編 民間の企業又は団体の職員等が講師となり、当該企業又は団体の業務に関する専門分野について説明指導するほか、必要に応じて施設の見学を行うもの
2  出前講座における具体的な講義内容については、市民等からの要望を考慮し、本部長が調整して決定する。
(開催時間及び場所)
4 出前講座は、午前9時から午後9時までのうち1講座2時間以内、1団体当たり1日2講座までとする。ただし、本部長が特に認める場合は、この限りでない。
 出前講座は、市内で行うこととし、その会場については、出前講座を受講する団体の責任において確保しなければならない。
(申込み)
5 出前講座を受講しようとする団体の代表者(以下「代表者」という。)は、原則として開催日の14日前までに、北上市生涯学習まちづくり出前講座受講申込書(様式第1号)を本部長に提出するものとする。
(受託の決定等)
6 本部長は、第5の規定による申込みがあったときは、講座の内容、開催日時等について当該出前講座の派遣元と調整の上、受託の可否を決定し、北上市生涯学習まちづくり出前講座受託(不受託)通知書(様式第2号)により代表者に通知するものとする。
 本部長は、前項の受託の決定をする場合において、必要と認めるときは、条件を付することができる。
(受託の制限)
7 本部長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、出前講座を受託しない。
(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を阻害するおそれのあるとき。
(2) 政治、宗教又は営利を目的とした催し等を行うおそれのあるとき。
(3) 出前講座の目的に反すると認められるとき。
(変更等の届出)
8 第6第1項の規定により出前講座受託の決定を受けた代表者は、講座の内容、開催日時、場所その他申請事項を変更しようとするとき、又は出前講座を中止しようとするときは、速やかに本部長に届け出を行い、その承認を受けなければならない。ただし、軽微な変更については、この限りでない。
(講師料)
9 出前講座の講師料は、無料とする。
(所管)
10 出前講座に関する総括及び受付事務は、教育委員会事務局生涯学習文化課が行い、講師派遣等に関わる事務は、それぞれの担当課等が行う。
 

→このページのトップに戻る

 

Copyright(C)2006 KITAKAMISHI SYOUGAI GAKUSYU CENTER Allright reserved.